【Git】コミットするまででもないけど修正を一時保存したい場合はstashを使おう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

stashを使ってコミットせずに修正内容を一時保存できる

コミットするほどじゃないけど一旦保存しておきたいときとか、一時保存したとき修正ファイルが修正前の状態に戻る特徴を利用してプルする時に競合発生して手に負えなくなったときとか、ブランチを変更したい場合などに便利。

まずこのコマンドで一時保存できます。この際にファイルは全て修正前の状態になります。

git stash save "スタッシュメッセージ"

 

そしてこのコマンドでスタッシュのリストを見ることができます。

git stash list
  • stash@{0}: On master: スタッシュメッセージ
  • stash@{1}: On master: スタッシュメッセージその2

こんな感じでstashリストがでてきます。

 

一時保存した詳細を確認する場合はこれ。

git stash show stash@"{0}" -p

このコマンドで一時保存した詳細が確認できます。{0}のところを確認したスタッシュの番号に書き換えましょう。

そして実際スタッシュした内容を反映させます。

git stash apply stash@"{0}"

このコマンドでスタッシュ内容が反映されます。

最後にいらなくなったらスタッシュを消して終了。

git stash drop stash@"{0}"